ベイスターズNEWS

横浜DeNAベイスターズに関連するスレッドを、まとめたブログです。

    梶谷隆幸

    梶谷隆幸 (2)

    1: それでも動く名無し アドセンスクリックお願いします 2022/07/27(水) 08:59:47.32 ID:Oi0eRexq0
    「どうなってるんだ!」ベンチ内で怒る原辰徳監督 巨人大苦戦の“戦犯”は本当に桑田真澄コーチなのか

    FAで入った選手がふるわず…怒りの矛先は球団にも

     怒りの矛先は球団へも向かっている。原因はFAで加入した選手たちが振るわないこと。代表例が昨季加入した井納翔一だ。6月22日には暴投などもあり、僅か4球で交代。敢え無く翌日、登録抹消となった。

    「井納は移籍1年目、二軍球場内で自らの不注意により8針を縫う大ケガをし、原監督も呆れていた。DeNAから共にFAで入った梶谷隆幸も度重なるケガに悩まされ、今年5月には左膝内側半月板を手術し今季は絶望的です」

     さらに原監督が問題視しているのは、FA交渉の段階で球団が梶谷にコーチ手形を切っていることだ。

    「FA加入後の4年間で5勝に終わった野上亮磨が、スコアラー職になれたのも同様の理由です。原監督はプロスカウトや球団の大塚淳弘副代表に『働いていない奴に何故、セカンドキャリアを保証するんだ!』と怒った。スカウトらにも『FAは戦力獲得のほか、他球団の力を削ぐ目的もあるのに……』という言い分があるようですが、誰も異論を唱えられない」

     振り返れば6位の中日がすぐそこに。最大の“戦犯”は……言うまでもない。



    【【文春砲】梶谷隆幸にコーチ手形を切っていて、巨人・原監督激怒!】の続きを読む

    梶谷隆幸

    814: 名無しさん@おーぷん 22/05/06(金) 03:47:59 ID:yV.cr.L11
    【巨人】梶谷隆幸今季絶望的…今月中旬にも左膝半月板の修復手術



    巨人・梶谷隆幸外野手(33)が5月中旬にも左膝半月板の修復手術を受けることが5日、分かった。一般的な症例だと4~6か月かかる見込みで、今季中の復帰は極めて厳しくなった。

     梶谷は昨年10月下旬、腰椎椎間板ヘルニアの手術を受け、そこからリハビリに取り組んでいた。3月中の実戦復帰を目指して、春季キャンプは「立ち上げ班」として別メニューで調整。マシン打撃などを行うまでに回復していたが、3月に入って左膝の不調を訴えたもようだ。その後もなかなか状態は上がらず、根本的な治療に乗り出す覚悟を固めた。すでに原監督にも報告を済ませているという。

     梶谷は20年オフにFAで巨人入り。移籍初年度の昨季は開幕から主に「1番・右翼」としてプレーする中で度重なる故障に泣かされた。5月下旬に左太もも裏を痛め、復帰後の7月には試合中の死球で右手甲を骨折。さらにリハビリを経て迎えた9月に、手術につながった腰痛を発症するなど、61試合の出場にとどまっていた。梶谷本人も移籍2年目で「日本一になる輪の中で、自分が心から喜んでいる状態にしたい」とチームに貢献したい気持ちを強く持っていたが、無念の離脱となった。


    【元DeNA梶谷隆幸(巨人)、今季絶望的…今月中旬にも左膝半月板の修復手術】の続きを読む

    20220314-03141136-sph-000-1-view

    1711: 名無しさん@おーぷん 22/03/14 19:45:21 ID:gQ.iu.L5

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4fc6b2f1b4b9f62571c06b0bcf135dbf6e3edc4b

    【巨人】梶谷隆幸が新型コロナ陽性 症状はなく自宅で隔離療養へ

    巨人は14日、梶谷隆幸外野手が同日に球団が実施したPCR検査を受けた結果、新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。発熱などの症状はなく、自宅で隔離療養する。

     梶谷は昨年10月に腰椎椎間板ヘルニアの手術を受け、現在は故障班で調整。11日以降は単独でコンディション調整をしていたため、チームとの接触はない。

     球団では2月28日以降、監督・コーチ、選手、チームスタッフに新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を進めており、14日までに計157人が3回目接種を終了。今後も感染拡大防止のための対策を徹底していく。


    【元DeNA梶谷隆幸、新型コロナ陽性 井納は2軍で炎上】の続きを読む

    このページのトップヘ